KUMOLOG

テキストサイトを懐かしむ30代。雲井の日記です。

Googleインデックス登録が記事公開後、瞬時にされて嬉しい

  2015/03/11    
 By 雲井 あき


【Googleにインデックス登録されないと悩んでたあなたへ。】

スポンサーリンク

2015年3月3日、火曜日

私はこのクモログ(kumolog.com)以外にWordpress(ワードプレス)を使用したニュースブログを書いています。

そのブログでは、今まで記事を公開するとほぼ毎回「Fetch as Google」を使い、すぐGoogleにインデックスされるようにしていました。

なぜなら、「Googleで検索にひっかかる!」といった喜びが1つ。

もう1つは「インデックスされる前に、自分の記事をもし誰かがコピペしたら…
そしてその記事の方が速くにインデックスされてしまったら…」

そのような、いらぬ心配に妄想を膨らませては、毎回わくわくとヒヤヒヤを感じ「Fetch as Google」を使用していたのです。まったく無駄な心配なのですが。

されそれが毎日更新していると、今日、とうとう記事公開後にインデックス登録されました。
公開してから「site:http://○○○○(記事のURL)」と入力し確認してみると、「あれ、、、登録されてる…わわっ!」といった具合です。

そして、私は喜びのあまり文章を書いています。
発信したものが、生み出したものが認められたような感覚です。承認欲ですね。

2015年3月11日、水曜日

約1週間たちました。

熱が冷め冷静になってみると、あの時に味わった飛び上がるような嬉しい感情はどこへいったのかという感じです。
しかし、当たり前だと思うところに幸せはあるように、このインデックス登録の喜びを文章に残しておかなくては!そういった義務的な気持ちから続きの文章を書いています。

今のところ更新頻度はさほど変わっていませんが、1日で多くの記事を公開すると、およそ3分以内でインデックス登録されています。この時間は公開した直後にFetch as Googleを使用した場合にインデックスされる時間と同じくらいです。

更新の間隔によってタイムラグはありますが、やはり公開して自動で自分の書いた記事が瞬時にGoogleに検索されるようになると、嬉しいですね。

それではまた!
クモイより

 - ブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしてくれると、あなたのことチョピっと好きになります

お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

  似たような記事

サンクスがファミリーマートに変わることで出る悲しみ
サンクスがファミリーマートに変わることで出る悲しみ

 大手コンビニのサンクスとサークルKとファミリーマートが経営統合することで、すべ …

クモログ
元気が出る男「松岡修造の気温や天気にまつわる伝説」まとめ

(日めくり)まいにち、修造! ([実用品]) 日本の太陽的存在の元気が出る熱い男 …

たまに、「もっと自由に生きてもいいんだったわ」と気づく件
たまに、「もっと自由に生きてもいいんだったわ」と気づく件

たまに自分自身が光り輝いているときがある。 痛々しいながら、30代がそんなことを …

雨の日はアディダス定番スニーカーのスタンスミスを汚す
雨の日はアディダス定番スニーカーのスタンスミスを汚す

「グシャッ」 泥と雨水でにごった水溜まりだらけのデコボコ道を気負うこともなくノッ …

インハウスデザイナーのメリットと悩み「現場から転職の結果」
インハウスデザイナーのメリットと悩み「現場から転職の結果」

私は中小企業のホームページ制作会社と、割と知名度のある企業のWeb担当、つまりイ …

気分が落ち込んだ時の対処法「同じことグルグル考えてもいい」
気分が落ち込んだ時の対処法「同じことグルグル考えてもいい」

学校や普段の生活でイヤなことがあったり、仕事で失敗したり、何か特にあったわけでは …

クモログ
バナナマンの設楽の性格というか「らす」って本当に言うんだな

バナナマンの設楽さんに友人が会ったことがある。というより、たまたま会って、たまた …

尿1滴でがん診断というニュースに科学の進歩はすごいなと。
尿1滴でがん診断というニュースに科学の進歩はすごいなと。

2015年3月12日、木曜日、真夜中。 【親愛なるあなたへ】 今日の8時くらいだ …

親愛なるアンネへ「満員電車の窓から見える景色」
親愛なるアンネへ「満員電車の窓から見える景色」

2015年7月2日、木曜日。 【親愛なるアンネへ】 なんのために頑張るんだろう。 …

クモログ
妻子が家を出た1週間のあいだ、1人暇つぶしに手にした堕落

妻が子供を連れて家を飛び出した。 と言うと、まったく違った意味になりそうなのだけ …