KUMOLOG

テキストサイトを懐かしむ30代。雲井の日記です。

インド旅行記「デリーで初めてオートリキシャに乗った話」

  2015/12/06      by 雲井 あき

インド旅行記「デリーで初めてオートリキシャに乗った話」

デリー空港に到着し、映画のワンシーンかのような荒々しい車の運転と、あちらこちらで鳴り続けるクラクション(前記事)の音を20~30分ほど堪能して着いた宿街。

日も暮れて街は夜の顔を見せようと準備しているのか、もともとこの街の特色なのか、インドのデリーは慌ただしくモワッとした空気に包まれていました。

インドに来たんだなー。(*´∀`) とゾクゾクわくわくしていると、

「ワンッワンッ!!」

と、そこらには夜と共に活動をし始める野犬の姿が。

(わわっ、こわいこわい!)

インドでは夜になると犬の狂暴さが増すと情報があったので、さっそく目の当たりにしながら私は狂犬病の予防を怠ったことにいささか後悔して適当な宿に入りました。
インド旅行の予防摂取の記事はこちら

インド初日ということもあり、安宿ではなく割りと良いホテル(日本円で3000円ぐらいか)にチェックイン。
バックパックをベッドに放り投げ、併設されたレストランで食事をとり、この日はすぐに寝ました。

明日からのインド生活に期待を不安を思いっきり胸に抱きしめながら。

そして2日目。

スポンサーリンク

インド旅行2日目。

明くる朝、今日はデリー駅に向かい東行きの電車のチケットを買おうかなと出掛けました。

昨日の夜とは打って変わり、明るいデリーの街はまた違った活気に満ち溢れている、そんな朝でした。

インドの地球の歩き方を片手にぶらぶらと歩いていたところ、どうやら私は地図を読み間違えていたらしく逆方向に進んでいて、気がつくとスラム街のようなところに。

道は泥とゴミであふれ、そこに住んでいるインド人がこちらを見ています。

……。

いや、私も日本で生活していると、家の目の前に外国人が横切ると「外国の旅行者かー」と、なんとなく見ないこともないのですが、
それとはなにか違い、な、なんだろう、人の目が、その場所が、今立っているその空気までもが、ギラッギラしていて……

あれ? とふいに辺りを見回すと、

360°全方角から、鋭い視線が、ここに、私に!

(めっちゃみられてるー!!!(゜ロ゜;ノ)ノ)

大丈夫だろうけど大丈夫じゃないかもしれない。
自意識過剰なだけだろうけど、そう思いたい。いやなんか大丈夫じゃない、これは危険信号と本能が感じているんじゃないの?大丈夫なのか!?

(こここれはヤバい、ヤバいぞうっ)

もうその場所、その時間すべてが殺伐とした雰囲気をかもし出していて、今まで歩いて来た道をとりあえず引き返そうと思ったところ、右斜め後方から声が。

「ドコイクー?」

私か!?(゜Д゜≡゜Д゜)?

インド人に初めて声をかけられました。

どうやら危ない人ではなく、オートリキシャ(バイク型のタクシー)に乗らないかという話。
(インドでは、こういう声掛けが日常茶飯事)
とりあえずデリー駅に行きたかったのでカタコトの英語で伝えると、どうやら伝わった様子。

インド旅行記のデリーでオートリキシャに
(オートリキシャ。後ろ側なので分かりにくけれども)

「デリー駅なら問題ない、さあ乗ろう!」と誘われオートリキシャに手招きするインド人。

これに乗ると、今日の目的のデリー駅に行くことができるのか!よかったー!!
と声をかけられたことで、いささか安心したものの鉄壁のガード精神が私の心をガシッとつかみます。

(しかしだな、、、)

私は、私は知っているぞっ。
インド人は、インドという国は、お金を騙す人や嘘つきが多いということを。

もちろん誰もがみんなそうではないし、文化の違いがあるので善悪で判断できることではないけれど、日本人の常識の範疇で自分を守りたいなら、とりあえず全員嘘をついているぐらいには用心した方がいいという情報を得ていたので私は身構えた。

(ここで、このオートリキシャの誘いに応じてデリー駅に行くべきか。いや、ぼったくられるんじゃないだろうか……。)

ほんの数秒だったとは思いますが、私はこのときインドに来て初めて真顔で考えました。
もう時間の概念を凌駕するほどに、たった数秒で、この先数ヶ月後の旅のことまで。

これに乗らなければ、いつ乗るんだろう。
いつ、私はインドの主要な移動手段であるオートリキシャを利用するのだろう。

そんなことを考えた後、インドに来た理由は「インドを楽しむためだった」と気づきました。

私は「本当に50ルピーか?ほんとに? もしそうじゃなかったら払えないから!」

そんなことを口酸っぱく言ったかもしれません。

……乗りました。

私はオートリキシャに、初めて 乗った。

もしかしたらインド旅行で出鼻をくじかれるかもしれない不安を、大きな不安を強制的に楽しみに転換しながら乗った。

そして、ずっと言い続けていました。
「50ルピーでデリー駅だよ!ほんとに50ルピー、もしそれ以上になっても払わないから、50ルピーだから。」

これは50ルピーとか、それ以上払わないとか、お金にこだわっていたのではありません。

初めてのオートリキシャにビビって、ただ不安を消したかったからに過ぎません。

そしてオートリキシャに乗り10分後、到着。

そこはデリー駅ではなかった。

なんでや!

続きます。
インド旅行記「紫ニットに追いかけられる危険なデリー」

 - インド旅行

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしてくれると、あなたのことチョピっと好きになります

お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  似たような記事

インド旅行が「ミニマリストの生活を加速させる」
インド旅行が「ミニマリストの生活を加速させる」

【バックパッカーとミニマリストは近いものがあると、ヒゲは言う】 インドは日常がシ …

インド旅行「予防接種。必要最低限した回数や体験談など」
インド旅行「予防接種。必要最低限した回数や体験談など」

【バックパッカー初心者や旅に出たくて、今ウズウズしているあなたへのインド旅行記】 …

インド旅行記『ジョードプルのゲストハウスで初めてインド人を信じた』
インド旅行記『ジョードプルのゲストハウスで初めてインド人を信じた』

【インド旅行記のブログ】 インド、ラージャスターン州で二番目に大きい都市ジョード …

インド旅行注意点「電車の予約システム。お金でなんとでもなる」
インド旅行注意点「電車の予約システム。お金でなんとでもなる」

「インドはお金でなんとでもなる。」 これは私がインド旅行をしていたときに、実際に …

インド旅行記「バラナシの日本食メグカフェで息を吹き返す」
インド旅行記「バラナシの日本食メグカフェで息を吹き返す」

【インドの旅ブログ】 インドを旅していると、なにを食べても香辛料の同じような味が …

インド旅行記「紫ニットに追いかけられる危険なデリー」
インド旅行記「紫ニットに追いかけられる危険なデリー」

列車のチケットを買うためにインドのデリー駅に向かうはずが、旅行ガイドブックを読み …

インド旅行の必需品、厳選5つ。後は気持ちだけ
インド旅行の必需品、厳選5つ。後は気持ちだけ

私がインドを旅した時に、これだけは日本から持って行ってよかったと思うもの。 イン …

インド旅行記「寝台列車はインド人と仲良くお喋りできるチャンス」
インド旅行記「寝台列車はインド人と仲良くお喋りできるチャンス」

【旅ブログ – インド旅行記】 インドの寝台列車で、等級によっては3 …

初めてインド旅行したときデリー空港で待っていたもの
初めてインド旅行したときデリー空港で待っていたもの

バックパッカーなら一度は行っておきたいインド旅行。 慣れ親しんだ日本を離れ、イン …