KUMOLOG

テキストサイトを懐かしむ30代。雲井の日記です。

妻が真顔で言う。「マグロに賭けた男たちは明日だ。」と。

   by 雲井 あき

ベッキーの不倫報道がワイドショーでわちゃわちゃ放送されているのを夫婦でなんとくなくボーっと見ていたところ、妻がそわそわとし始めた。
テレビの録画機能をいじり出して「よしっ。」と何かに対して納得したところで、真剣に、且つ普段よりもいくばくか低い声で私にこう言った。

妻「明日がとうとう来る。」

A:「え? どういうこと?」
B:「黒い風が泣いてる……。」

スポンサーリンク

マグロに賭けた男たち

なんのことか分からなかった私は聞き返した。

妻「明日は『マグロに賭けた男たち2016』があるの」
「絶対に見るから」

マグロに賭けた男たち

妻はなぜかマグロの1本釣りだとか、漁師の番組が好きだ。

世の中にはお笑いであったり、食べ物番組であったり、共感、感動、癒し、驚きなどと、人々の感情を動かす様々なテレビ番組がある。
その中でも妻はドキュメンタリーが好きで、そしてマグロを釣る男たちが好きなのだ。

私は思い出した。そういえば昨年の2015年にも同様の番組が放送されていて、そのときにも食い入るように見ていたなと。
そして番組が終わると同時に「もっとマグロ釣りの番組が増えればいいのに。」と、口をとがらせながら感想を述べていた気がする。

妻「『マグロに賭けた男たち』を録画したけど、明日は生で見るからね!録画は一応だから!」
「あ、山本さんは親子で漁船に乗ってる人だな、ふむふむ」

さきほど「よしっ。」と言っていたのは録画をしていたのか。

それからもしっかりと録画されているかどうか、何度かテレビで確認していた。彼女にとってはベッキーがゲスの極みの人と不倫しようが、世間のトレンド的なニュースが放送されていようがそれらはあまり心を動かすものではなく、それよりもマグロに賭けた男たちのことで頭がいっぱいなようだ。

たかがテレビ番組の1つなのかもしれないが、されど漁師にとっては生活をするための、命がかかっている行いであり、そして死闘。妻が心躍る理由はそこなのか。

ここで考えたのだが、今までに私は命をかけて死闘を繰り広げたことがあっただろうか。と。

死闘

思い返してみると。そうだ……。
20年前。魔王が世に下り立ち、世界は闇に飲み込まれようとしていた。

私は当時そこらへんにいるような普通の少年で平和な日常をおくっていたが、ある街のお祭りがきっかけで未来・過去と行き来するといった体験をする。
そして行く先々で様々な仲間と出会い、いつしかこの星の未来を想った。

……。
クロノトリガーの話だ。


私もゲームでなら死闘を繰り広げたことがある。

大好きで、何度も何度もやったゲームだ。2週目ではカエルの名前をあえて「グレン」となづけて、後々やっぱりそのままの方がよかったなと後悔した記憶がある。

とまぁそれはいいとして、
仕事をする上で誰もが日々頑張って戦っている。お客、上司、納期と相手に違いはあれど生活をするために身を削り戦いを繰り広げているのだ。それが、マグロかそうじゃないかという違いは大きいが。

星の運命を守るために戦った思い出を胸に秘め、明日我が家はマグロ釣りの男の生き様をこの目でしかと見届けます。

「おっと オイルでアイセンサーがかすんで……」

 - 夫婦

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしてくれると、あなたのことチョピっと好きになります

お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  似たような記事

クモログ
妻がとなりで土俵入り – 第2幕 -『アンケート調査』

雲井です。(@kumoiaki) オチもなけりゃ波風立たず抑揚もない、夫婦のたわ …

クモログ
妻がとなりで土俵入り – 第1幕 -『エアコン業者』

雲井です。(@kumoiaki) オチもなけりゃ波風立たず抑揚もない、夫婦のたわ …