KUMOLOG

テキストサイトを懐かしむ30代。雲井の日記です。

たまに、「もっと自由に生きてもいいんだったわ」と気づく件

  2016/12/21    
 By 雲井 あき

モーセ

たまに自分自身が光り輝いているときがある。
痛々しいながら、30代がそんなことをお伝えします。

普段1日1日マジメにこなしていると「もうすべて消えてなくなれー!\(^o^)/」と、フツフツとした気持ちで誇り高きサイヤ人のように、そこらかしこにギャリック砲を放ちたい日があります。

だけれど、
「あれ、なんか今ならなんでもできそうな気がする、私ってもっと生きるの自由なんだー!」

と道が開けたように、心の中のモーセが「ズババ!!」っと目の前のどうでもいい悩みを吹き飛ばしてくれるときもあって、このときの私はドラゴンボールでいう光の戦士みたいなものでテンションが高揚しています。
で、この状態をスーパータイムと呼んでいるのだけれど、このスーパータイムは実際に良いことが起こったときに訪れるのではなく、良い考えが生み出されてくるときや、思いっきり沈んでほとんどのことがどうでもよくなった後に訪れることが多い気がする。

つまり、私はなにか良い出来事が起こったことよりも、なにか出来事が起こるかもしれないという「これから」とか「未来が変わるかもしれないワクワク」に対して光輝くのかもなーと。
と思ったところで、これっていわゆる「希望」という汎用性のある言葉に結びついた。

ゆるく肩の力を抜いて生きるには、希望が必要なんだろうな。

 - ブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしてくれると、あなたのことチョピっと好きになります

お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

  似たような記事

人生は選択の連続である「選択肢」に気づかず過ごす日常
人生は選択の連続である「選択肢」に気づかず過ごす日常

「ピピピピッ」 目覚ましの音が鳴る。 朝の6時30分。 スマートフォンのアラーム …

妻が真顔で言う。「マグロに賭けた男たちは明日だ。」と。
妻が真顔で言う。「マグロに賭けた男たちは明日だ。」と。

ベッキーの不倫報道がワイドショーでわちゃわちゃ放送されているのを夫婦でなんとくな …

記事の書き方「説得力を上げる方法、読まれる文の作り方」
記事の書き方「説得力を上げる方法、読まれる文の作り方」

仕事で記事の書き方を後輩に教えるのではなく、「これを一度みて、どう思ったか聞かせ …

webデザイナー未経験で「業界でやっていけるか、性格の向き不向き」
webデザイナー未経験で「業界でやっていけるか、性格の向き不向き」

【個人ブログ】 webデザイナーはこういう所を意識してるよってことを書いています …

人生のエンディングに向けて生きている
人生のエンディングに向けて生きている

生きるのが苦しいと思う日が増えた。着実に。何故なのか原因はたくさんあるだろうけれ …

クモログ
元気が出る男「松岡修造の気温や天気にまつわる伝説」まとめ

(日めくり)まいにち、修造! ([実用品]) 日本の太陽的存在の元気が出る熱い男 …

もう真冬に薄着になることはないと思う私は大人になった
もう真冬に薄着になることはないと思う私は大人になった

 ツルッ!!  今朝家を出ると季節は完全に真冬へと移行していて、道路の水溜りは氷 …

気分が落ち込んだ時の対処法「同じことグルグル考えてもいい」
気分が落ち込んだ時の対処法「同じことグルグル考えてもいい」

学校や普段の生活でイヤなことがあったり、仕事で失敗したり、何か特にあったわけでは …

クモログ
バナナマンの設楽の性格というか「らす」って本当に言うんだな

バナナマンの設楽さんに友人が会ったことがある。というより、たまたま会って、たまた …

クモログ
ナウシカのオープニング曲を聴いて朝を迎えると、人生の主人公度が増す

スタジオジブリ『風の谷のナウシカ』あたりの重々しいミュージックを聴きながら会社に …