KUMOLOG

30代、父親、夫、会社員などの役割をしています

30代の深呼吸。なにかに毎日イライラする日々が、少し楽になった

 
 By 雲井 あき

おもちゃ:30代の趣味

「みんな、こんなふうに生きてるの?」
「なんでこんなに思い出してイライラするんだろう」

胸に引っ掛かったモヤモヤがあると、考えたくもないのに何時間も嫌な想像をしたり、自分で自分を苦しめる時間が増えた。

そんな30代を過ごしていたところ、ふと生きるのが少し楽になった。
原因とか、いろいろ大事な気がしたから記録する( ˘ o ˘ )

スポンサーリンク

私は楽しい時間が、一定割合を満たさないとしんどい。

生きていると、1〜2日ぐらいのスパンでストレスに感じることがあったり、嫌な時間を過ごすことがある。

(連絡遅いな…ちゃんと時間は守ってくれよ~)

(ぐ…腹立つこと思い出してしまった。)

(乗る車両失敗した。話し声が大きいなぁ…)

こんな望んでいないのに向こうからやって来る自分にとって不都合な出来事は、負の感情を積み上げて私をマイナス方向へと押しのける。

でも、良いことがあったり先々に楽しみにしている予定があると、この負の感情はプラスマイゼロになる。相殺。出来事の受け取り方が変わる。

自分の中には、プラスとマイナスの「割合」がある。

たとえば1週間のうちに嬉しいと思うことが3割ぐらいあるとすると、残り7割はしんどいことがあってもポジティブに変換できる。
電車内で大きな声で喋る人がいても、(元気いいな。 きっと楽しい時間を過ごしてるんだな!)って流せるようになる。

でも逆に、負の出来事が自分の中の一定割合を越えた時は、なんでもないのに多くのことにイライラする。

これは「余裕がある」状態なんだと思う。
だから定期的にプラスの感情に働く楽しみを入れたりして、余力を残しておきたいなと思う。

あと、「人の人生に沿い過ぎている」とも思った。

「共依存」「正義」この2つが合わさることが原因で、私は頻繁にイライラする。
だいたいが自分の受け取り方のせいだ。

誰かが悲しい体験をすれば、自分自身が傷つけられたわけじゃないのに私の中の「正義」が勝手に暴れて、イライラしてしまう。
でもそれで他人を攻撃するわけではないから、結局イライラする時間を過ごすだけになる。

客観的に見たら、損しかしていない。

ニュースサイトやテレビなんかで、横暴な人や我がままが過ぎる話を見たりすると(許せないな…)と感じる。自分が酷いことをされたわけではないのに。

また、嫉妬することも多くなっていた。

10代20代のときと比べると、頭の中(妄想)で “人と比べることに費やす時間” が増えた。

明石屋さんま氏の言葉を借りて言えば “生きてるだけで丸儲け” なんだろうけど、裸で生まれたときからすると多くのものを持っているのに、私の30代は誰かと何かを比べ、頭の中で格闘して、自分を肯定させることが増えた。

日常的な我慢や、得たもの、知識、そんな原因が嫉妬を呼んだ。怒りを呼んだ。

わがままを言いたい。
好き勝手に時間を使いたい。

それなのに…と他人をたくさん見ていた。



そこで気付く。

最近、頭の中が他人ばかりだ。

他人のことで腹を立てたり、他人の一部分と自分の頂点を比べてることに気付く。

10代20代のときは世の中のほとんどが他人事で、なにかに依存することもなく、隣の芝生を見ても「すごいなー!」と思うことはあっても、比べるほど他人の人生に興味がなく、執着したり嫉妬して腹を立てることはなかった。

そんな生き方が、自分はできていた。

たしかに今は子供のときより知識は増えたし、子育てで日常的に自分が主役がじゃない場面が増えてるのも関係してるとは思う。でも、ストレスがたまる出来事やニュースを知っても、それらが脳内でメインとなって “自分を端の方に押しのける” 必要ってない。

イライラする時は、頭の中に登場するメインを自分に戻そう。“脳内で妄想のテーマを立てる” のは誰かじゃなく自分発信に戻そう。

もっとオリジナルな生き方に戻そう。

そう思うと、「生きるのってケッコー楽だな。」って感じた。

「30代の深呼吸」って我ながらよく分からないけど、

プラスの空気を吸い込むと、生きるのが少し楽になる。定期的に楽しい予定や、余裕を生み出す時間をどこかで持っておこう。

それから、イライラしたらマイナスのイメージを吐こう。
頭の中で何かしんどい事を考え始めようとしている時は、「まーた他人を頭の中でメインの登場人物にするところだったぜ…」と、思考の舵取りを自分に戻すイメージをして、息をハァ〜って吐こう。

そういうの、少しずつ意識していこう。そんなことを思った。

時間が経つと、こんな考えもどうなってるか分からないけど、自分の30代はこんなんだったんだなーなんて、いつか思い出せるように記録に残す。

蛇足

お正月に、おみくじを引いたら「時の流れに身をまかせる」みたいな事が書かれてた。詳細は忘れたけど。

 - 30代, ブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしてくれると、あなたのことチョピっと好きになります

お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

  似たような記事

唐揚げって毎日食べても飽きない。どれだけの人生とお金を費やすんだろう
唐揚げって毎日食べても飽きない。どれだけの人生とお金を費やすんだろう

コンビニに行くとよく唐揚げを買ってしまう。 胃袋がそんなに求めていない時にでも、 …

親愛なるアンネへ「満員電車の窓から見える景色」
親愛なるアンネへ「満員電車の窓から見える景色」

2015年7月2日、木曜日。 【親愛なるアンネへ】 なんのために頑張るんだろう。 …

たまに、「もっと自由に生きてもいいんだったわ」と気づく件
たまに、「もっと自由に生きてもいいんだったわ」と気づく件

たまに自分自身が光り輝いているときがある。 痛々しいながら、30代がそんなことを …

クモログ
妻子が家を出た1週間のあいだ、1人暇つぶしに手にした堕落

妻が子供を連れて家を飛び出した。 と言うと、まったく違った意味になりそうなのだけ …

クモログ
元気が出る男「松岡修造の気温や天気にまつわる伝説」まとめ

(日めくり)まいにち、修造! ([実用品]) 日本の太陽的存在の元気が出る熱い男 …

人生楽しく生きる方法なんて『この世にたった1つしかない』
人生楽しく生きる方法なんて『この世にたった1つしかない』

絶対に楽しく生きようと、今、心に決めること。 スポンサーリンク 人生楽しく生きる …

クモログ
妻がとなりで土俵入り – 第2幕 -『アンケート調査』

雲井です。(@kumoiaki) オチもなけりゃ波風立たず抑揚もない、夫婦のたわ …

キュレーション、まとめサイトの順位が下落しているな
キュレーション、まとめサイトの順位が下落しているな

私はこのクモログの他にもいくつかブログ運営しており、その中の1つは性質上、結構キ …

クモログ
バナナマンの設楽の性格というか「らす」って本当に言うんだな

バナナマンの設楽さんに友人が会ったことがある。というより、たまたま会って、たまた …

クモログ
会社で仕事しながらサボる感覚を味わえるって、いいものだなぁ。

会社でジブリのオーケストラ(Youtube)を流して仕事してたら、サボっている感 …